民間のビジネスローンを利用することのメリットとは? | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

民間のビジネスローンを利用することのメリットとは?

自営業者には資金調達先として、公的融資とビジネスローンの2つの選択肢があります。

公的融資は日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体などの公的機関による融資です。公的融資は借入枠が大きいため、金額の大きい融資には利用したいところです。また、大きい金額であればこそ、利率が比較的低めに設定されているので、資金繰りにとっても負担が軽くなります。

それに対し、ビジネスローンは借入枠自体は比較的少なくなっています。大きな金額を借入する場合、不動産を担保に設定すると、利率が有利になったり、借入枠が増えます。

その民間のビジネスローンの利用はどのようなメリットがあるのでしょうか?まず、民間のビジネスローンは中小企業が対象になっており、自営業者むけの商品もあったりと、基本的に融資をしようとする金融機関側の姿勢が強いため、比較的融資が受けやすくなっています。

返済期間は比較的短いですが、追加の融資も柔軟に対応してくれます。また、審査の期間が短めで、かつ審査の難易度も低めになっていて、スピーディーな融資が可能になっています。

審査の際にも、基本的に担保の設定は不要で、保証人も要らないことになっているため、とても利用しやすい条件になっています。もちろん担保、得に不動産を担保にする場合には、利率や限度額が増えるので、そのときの融資の規模に合わせて設定する事も可能です。

このように、民間のビジネスローンは利率ではやや高めではありますが、短い期間の小規模な借入には非常に柔軟性があるので、常に利用できる体制にしおくと、かなり利便性があるのです。

参考:信金さんが明かす事業資金の話→自営業の融資借入と資金繰り

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴