民間のビジネスローンを利用することのメリットとは? | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

民間のビジネスローンを利用することのメリットとは?

自営業者には資金調達先として、公的融資とビジネスローンの2つの選択肢があります。

公的融資は日本政策金融公庫、信用保証協会、商工会議所、自治体などの公的機関による融資です。公的融資は借入枠が大きいため、金額の大きい融資には利用したいところです。また、大きい金額であればこそ、利率が比較的低めに設定されているので、資金繰りにとっても負担が軽くなります。

それに対し、ビジネスローンは借入枠自体は比較的少なくなっています。大きな金額を借入する場合、不動産を担保に設定すると、利率が有利になったり、借入枠が増えます。

その民間のビジネスローンの利用はどのようなメリットがあるのでしょうか?まず、民間のビジネスローンは中小企業が対象になっており、自営業者むけの商品もあったりと、基本的に融資をしようとする金融機関側の姿勢が強いため、比較的融資が受けやすくなっています。

返済期間は比較的短いですが、追加の融資も柔軟に対応してくれます。また、審査の期間が短めで、かつ審査の難易度も低めになっていて、スピーディーな融資が可能になっています。

審査の際にも、基本的に担保の設定は不要で、保証人も要らないことになっているため、とても利用しやすい条件になっています。もちろん担保、得に不動産を担保にする場合には、利率や限度額が増えるので、そのときの融資の規模に合わせて設定する事も可能です。

このように、民間のビジネスローンは利率ではやや高めではありますが、短い期間の小規模な借入には非常に柔軟性があるので、常に利用できる体制にしおくと、かなり利便性があるのです。

参考:信金さんが明かす事業資金の話→自営業の融資借入と資金繰り

おすすめの自営業カードローン

ビジネクスト

自営業者向けのカードローンとしては、ビジネクストのローンがあります。ビジネクストのカードローンの特徴としては、融資額が幅広いということです。少ない場合は1万円から利用限度額が1,000万円まで(新規取引時は上限は500万円)となっています。よくカードローンの場合は上限が300万円、高くても800万円なのですが、1,000万円まで借り入れできるというのは、高額の取引をおこなう自営業者の場合にはとても助かります。 気になる金利は、利用限度額が100万円未満の場合には13.0~18.0%、100万円以上の場合には8.0~15.0%となっています。法人の場合に限り代表の方に連帯保証が必要となりますが、自営業の場合には無担保無保証人で借り入れできるのです。返済期間は最長で5年(60回)、返済方式は元金定率リボルビング方式です。ポイントとしては、万が一自営業の方が確定申告で赤字でも借り入れが可能ということです。もちろん、赤字となると審査が厳しくなるのは当然ですが、ビジネクストでは決算内容だけでなく、その他の条件も加味した上で総合的に判断しますので、赤字申告をしている人でも一度申し込んでみてもいいかもしれません。 カードローンとは異なりますが、ビジネクストでは他の自営業者向けのローンもあります。事業資金、運転資金、つなぎ資金など幅広い利用方法が可能なビジネスローン、不動産がある方はその不動団を担保にして融資をしてもらう不動産担保ローン、医療機関・調剤薬局・介護事業経営者の方向けの医療機関向けローンなどもあります。事業内容、用途に応じてカードローンとともに検討してみるといいかもしれません。

 

シンキ・オーナーズセレクトカード

自営業者向けのカードとして人気のあるカードローンに、シンキ・オーナーズセレクトカードがあります。「あまり聞いたことがないカードローンだから、ちょっと怪しいんじゃないの?」と思う方もいるかと思います。ですが、このシンキ・オーナーズセレクトカードは、元々の日本長期信用銀行、今の新生銀行グループが発行しているカードローンなのです。 シンキ・オーナーズセレクトカードのおすすめポイントとしては、総量規制の対象外となるのです。そのため、年収3分の1を超える借り入れでも審査次第では融資してもらえる可能性があります。もしも、他のカードローンで総量規制に引っ掛かってしまうために必要な資金を調達できなかった、という場合には、シンキ・オーナーズセレクトカードに申し込んでみてもいいかもしれません。もちろん、事業内容をしっかり審査した上でのことですから、必ず審査が通るという事はありませんが、借りられる可能性はあります。 融資限度額は最大で300万円となっており、金利は13.0%~18.0%となります。 シンキ・オーナーズセレクトカードでは申し込みもインターネットを利用して出来ますし、タイミングによっては即日融資も可能になります。また、楽天銀行の口座を持っていれば、パソコンや携帯電話、スマートフォンなどからもいつでも借り入れすることができます。しかもその際の手数料は土日祝日、夜間も関係なく無料になります。もちろん、楽天銀行以外の口座でも平日の13:00まで手続きを完了させれば、当日14:30までには振込されます。自営業の場合、なかなか仕事場を離れられず、銀行に入金する時間もない方もいます。そんな方にも非常に便利なカードローンと言えるでしょう。

 

クレストフォービズ

自営業者向けのカードローンとしてはオリコが発行しているクレストフォービズがあります。よく、カードローンを利用する場合に気になるのが貸金業法による総量規制でしょう。つまり、年収の3分の1を超える借り入れはできない、という法律です。そのため個人向けカードローンの場合は、年収(事業所得)が90万円しかない、という方は30万円までの借り入れしかできません。この程度では、店舗改装も新規客確保のためのキャンペーンなどの資金も足らなくなってしまうでしょう。ですが、このクレストフォービズは総量規制対象外になります。そのため、前述のように3分の1を超える借り入れのために借りられないという事はありません。 また、クレストフォービズの融資限度額は300万円までで、実質年利は6.0~18.0%となります。これは、その人の実績なども関係してきますが、利用限度額にあわせて金利が少なくなります。30万円までの借り入れなら15.0~18.0%ですが、上限である300万円になると、6.0~15.0%になります。そのため、かなり低い金利で融資してもらえる可能性もあるのです。 しかも、他のカードローンと違う点は、会員になるといろいろなサービスが付いてることです。ビジネス用ラウンジが1年間無料で利用できたり、レンタルオフィスが優待割引で利用できるのです。今は店舗を持たずネットでの業務を行う仕事もたくさんあります。そのため、これからそういった事業を始めるという方にもおすすめのカードです。

 

プロミス

テレビやラジオCMなどでもよく知られているカードローンに、SMBCコンシュマーファイナンスのプロミスがあります。プロミスというと、個人向けのカードローンばかりと思われがちですが、自営業者向けのカードローンの商品、自営者カードローンもあるのです。 プロミスの自営者カードローンと他の自営業者向けのカードローンの違いとしては、やはり申し込みの手段の豊富さがあります。たいていの自営業者向けカードローンは、ネットや電話での申し込みとなるのですが、プロミスの自営者カードローンでは全国各地にある自動契約機から申し込みをして、すぐに融資を受けられるということがあります。そのため、時間帯によっては即日融資も可能になります。自営業の方は、その日の収入が読めないこともありますので、お金が足りない、と思った時にすぐに申し込みし、その日のうちに借り入れすることもできるかもしれないのです。 プロミスの自営者カードローンの詳細としては、融資限度額は300万円まで、金利は6.3~17.8%となっています。また、特徴としては、返済日が5日、15日、25日、末日と、この中から自営業者様の都合に合わせて選べるという点があります。自営業者の場合、借入金だけでなく、業者への支払い、自分の保険料、公共料金、クレジットカードの支払いなどもあります。しかも収入も取引業者から入金される日というのも決められている場合もあります。そのため、その都合にあわせ、返済しやすい日に設定することもできるのです。 プロミスは誰もが知っているカードローンですから、安心して利用できるでしょう。

 

SMBCモビット

CMでよく知られているカードローンにモビットがあります。モビットも自営業の方(安定した収入がある方)に向いているカードローンと言えます。 モビットのおすすめポイントとしては、平日9:00~14:50までに手続きを完了させることができれば、最短3分で指定の口座に振り込みをしてもらう事ができます。自営業者の場合は、なかなか事務所や家を離れられないという方もいます。それなのに引き落とし日に残高がないと分かれば、困ったものです。カードローンを持っていてもATMに行けなければ借り入れできませんし、銀行への入金もできないのです。そんな時にも自宅に居ながらすぐに入金できるのは自営業者にとって魅力でしょう。 また、モビットの場合、カードローンとはいってもカードがなくネット上だけで取引ができるネット完結があります。これがあれば、邪魔になるカードを持ち歩くことも紛失することもなくなります。また公式スマホアプリもあり、審査に必要な書類をスマホで送ることもできます。

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴