自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある? | 事業資金 借入 自営業


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?

自営業者の事業資金の借入先はどのようなところがあるでしょうか?

まずは日本政策金融公庫などの公的融資制度が挙げられます。開業間もない自営業者には銀行は基本的に相手にしてもらえないので、このような公的融資制度が最初に考えられると思います。公的融資制度では、その自営業者が開業前のキャリアなどから、開業後の経営の成功の見込みを判断し、技術やサービス等に工夫をこらして多用なニーズにも対応していけるような手腕を測り、一定基準を満たした場合に雄うし可能と判斷されます。

次に銀行による融資です。銀行では開業間もない自営業者は基本的に融資を受けるのは困難です。ある程度業歴を積み、利益を出して実績を認められた場合には融資可能と判断されます。その借入には審査を通らないことには融資を受けられませんが、決算書や商業登記簿謄本などの審査書類が求められ、ある程度揃えるのには負担があります。借入できる金額は使途が明確なもののみにしか貸してくれないので、非常に計画的に融資計画を行う必要があります。

もっとも融通がきき、柔軟に融資をしてくれるのが、民間のビジネスローンがあります。赤字が大きい会社に簡単に貸してくれるというほど甘くはありませんが、基本的な審査書類とを揃えて申し込みをすれば比較的早く審査の結果がわかります。融資の申し込みから実行までそれほど期間をおかずに融資を受けることが出来るため、民間のビジネスローンを活用する自営業者は今とても増えています。

自営業でカードローンを利用するメリット

すぐに借りられる

自営業では、公務員や会社員のように、給料として毎月決まった日にある程度決まった額の収入があるわけではありません。もちろん業種にもよりますが、仕事をした1~2ヶ月後に入金になるものもあれば、仕事をしたその日に収入を得ることもあります。そのため決まった時に決まった額の収入があるわけではないので、実際は予定を立てることができないのです。場合によっては金融機関への返済や、公共料金に支払いができなくなる時もあります。 ですが、それも払えるか払えないかは、事前に分からない時もあるのです。支払い日の数日前に十分なお金がある時もありますし、ない場合もあります。「支払えない」と分かった時に銀行に融資を申し入れても、その支払い日まで融資が完了しない可能性の方が高いのです。もちろん、前もって融資を受けておくというのも大切なことかもしれませんが、支払える可能性があるのに融資を受けてはムダな借り入れをすることにもなりかねません。そして返済しようとすれば繰り上げ返済手数料もかかり、かなりの費用のムダになります。それがたった1万円足りないだけでは経費の方が高くなります。 カードローンを利用するメリットとしては、カードローンの審査は早いので、遅くとも2~3日中、早いと即日融資も可能です。そのため、ギリギリになってからでも十分間に合うのです。しかも事前にカードを発行していれば、その日でも借り入れできます。もちろん、カードを発行するだけでは利息は発生しませんので、ギリギリまで借り入れしなくてもいいのです。

 

金利が比較的低い

カードローンは、どうしても『金利が高い』というイメージがあります。当然、自営業の方が一般の消費者金融カードローンを利用した場合でも同じことです。ですが、カードローンには自営業者向けのカードローンもあります。そういった自営業者向けのカードローンの場合、比較的金利が低く設定されることがあります。とはいっても、一般のカードローンと比較して、大幅に金利が低くなるという事はないでしょうが、金利は0.1%でも低いに越した事はありません。しかも自営業でお金を借りるという場合、店舗の改装や修理、設備の充実など、一般のサラリーマンの方がお金が必要になる場合に比べて、高額になることが多いです。そうなると、少しでも金利は低い方がいいです。 たとえば100万円融資してもらった場合、金利がわずか1%違っただけでも、単純計算で1年間で1万円も利息が違ってきます。それがさらに高額になり、しかも返済回数も多くなればなるほど、その差額が大きくなっていきます。そのため、ちょっととはいえ少しでも金利が低い方の融資を受けた方がいいのです。しかも、融資限度額が大きくなればなるほど、金利は低くなります。自営業者向けのカードローンの場合、融資限度額も比較的高いので、さらに金利の差が出る可能性もあります。 もちろん、カードローンの会社によっては、ほとんど変わらないということもあるかもしれません。ですが、まず自営業者向けのカードローンの方が金利が高い、という事はありませんから、申し込んでみるだけ申し込んでみてもいいかもしれません。

 

繰り上げ返済が容易

金融機関から融資を受ければ、その後、毎月決められた金額を返済していくことになります。ですが、自営業者によっては、毎年売り上げがアップして、経営が楽になるというケースもあるでしょう。そうなると、できるだけ早く借入金を返済したいと思うのは誰でも同じことでしょう。少しでも早く完済すれば、それだけ利息も支払わなくて済むのですから。 ですが、一般的なローンでは、『ちょっと今月は収入が多かったから、5万円返済します』ということができません。厳密にいえばできるのですが、逆に無駄になってしまうのです。それは繰り上げ返済には手数料がかかってしまうということです。その手数料は金融機関によって、また金額によって異なりますが1万円~2万円等になるケースが多いです。例えば、5万円返済したとして、金利15.0%で年間の利息は7,500円しか節約出来ません。もちろん、毎月の返済額は少なくなりますが、トータルで支払う金額が繰り上げ返済した方が高くなってしまうのです。また、繰り上げ返済をするのにもいろいろ手続きが面倒くさいのです。 ですが、カードローンなら、繰り上げ返済手数料がかかりませんし、手続きもATM等で入金するだけでOKという非常に簡単なものです。そのため、毎月1万円ずつ多く返済するということもできるのです。自営業者の場合は、収入がそれ以上に多くなることも予測できますから、それに応じて多く返済できます。金利は高いかもしれませんが、繰り上げ返済がしやすいという点を見れば、早く返済したい自営業者の方にはおすすめでしょう。

 

総量規制対象外も

消費者金融からの借り入れにより、多重債務者が増え、自己破産に追い込まれるというケースが多数発生しています。それを未然に防止するため、制定されたのが貸金業法の総量規制です。よくテレビCMなどで『年収の3分の1以上の借り入れはできません』という事を聞いたことがあるかもしれませんが、まさにそれが総量規制です。消費者金融からの借り入れの場合には、年収の3分の1の金額までしか借りられない、ということになっているのです。例えば、300万円の年収の方は、金融機関の審査さえ通れば100万円までは借り入れできるのです。ですが、110万円となると年収の3分の1を超えてしまうので、金融機関の審査云々ではなく、法律で借り入れができない事になっているのです。 ただ、自営業向けのカードローンによっては、この総量規制の対象外となるものもあります。それだと、年収の3分の1を超える借り入れもできるのです。もちろん、だからといって必ず借り入れできるという訳ではなく、当然その金融機関の審査によるのですが、法律ではなく金融機関の審査次第になるので借り入れできる可能性があるのです。自営業の業種、業績によっては、金融機関が問題なく返済できる、と判断をして融資してくれるのです。 自分の年収と、現在の借り入れ額を見比べて、年収の3分の1を超えてしまうという場合には、総量規制で引っ掛かってしまっているのでしょう。そういった場合には総量規制の対象外の自営業者向けのカードローンを申し込んでみれば、場合によっては融資を受けられるかもしれません。

 

無金利のカードローンも

自営業の方は、毎月決まった日に給料をもらう会社員、公務員とは異なり、その日によって収入が違ってきます。ですが平均するとたいてい毎月または毎年同じくらいの収入になるというところも多いでしょう。ただ、その日によって収入が違いますから、場合によっては生活費や公共料金の支払いなどの引き落とし日に間に合わないというケースもあります。そんな時カードローンは便利なのですが、やはり短期間とはいえ金利が発生するのは気になるものでしょう。 自営業でカードローンを利用する場合、カードローンによっては一定期間無金利という商品もあります。ちょっと胡散臭い、と思うかもしれませんが、実際に優良業者でも行われているサービスです。もちろん、その期間を過ぎてしまえば、通常の金利で利息が発生します。 もし、1ヶ月以内、もしくはできるだけ早めに返済できるという場合、無金利のカードローンを利用できるというのも自営業者がカードローンを利用するメリットでしょう。また、たとえその無金利期間に返済できなかったとしても、その期間中の金利が発生するわけではありません。あくまで、その期間が終わってから金利が発生してくるのです。そのため、その期間に返済できない、と思っていても、その期間だけでも利息が発生しないので、利用してみて損はないでしょう。ただ、ほとんどの場合、初めてその会社のカードローンを利用した場合、という限定が付いていますから注意しましょう。

 

無担保・無保証

自営業の方が融資を受けるという場合、公務員や会社員と違って安定収入があるわけではありません。そのため、同じ年収、同じ家族構成、同じ年齢でも自営業の方は審査が通らないというケースもあります。そんな時には、担保物件を設定したり、保証人をつけることで審査が通る場合もあります。ただ、自営業の方でも担保物件がない、という方もたくさんいます。そして保証人にもなってくれる人がいない、または申し訳なくて保証人はつけたくない、という方もいるでしょう。自営業はやはり安定収入がないという事と、近年の不況により、だれも保証人になってくれる人もいるものではありません。そうなると、借り入れができなくなってしまいます。 カードローンは、基本的に無担保・無保証で融資してくれます。そのため、担保がない人でも、保証人をつけたくない、保証人になってくれる人がいない、という時でも融資を受けられる可能性があるのです。担保がない、保証人をつけない、となると、やはり金融機関のリスクも大きくなるでしょう。そういったリスクを少しでも解消するためにも、金利が高くなってしまうのです。高額の借り入れをするわけではないのに、保証人をお願いするだけで、その人との関係も気まずくなってしまうこともあります。もちろん、どうしようもなくなった場合には、保証人をつけて借り入れするという選択肢は自営業の場合は仕方がないかもしれませんが、できる限り保証人は付けずやりくりできた方がいいでしょう。

事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴