事業資金 借入 自営業 商工組合


自営業者にとっても資金繰りは大事な業務!
上手な資金計画とその調達のポイントについて

自営業の場合の資金計画の立て方のポイント

企業の経営には資金繰りはとても重要な業務で、それは自営業においても変わりはありません。自営業における運営は小回りが聞く反面、元手が小さく資金力もそれほど大きいとはいえないため、資金繰りにはとても注意を要します。

まずは事業開始時には元手は多ければ多いほど色々と有利ですが、なかなか理想通りには行かないかもしれません。事業を開始してまもなくと業歴が短い自営業者には、銀行は相手にしてくれない場合がほとんどです。

そのため、最初に利率が有利な融資を受けたいと思うなら、最初は日本政策金融公庫などの公的融資が検討されると思います。ただ、公的融資ではその開業後の事業に関連した業種での職歴が一定以上求められるなどの条件をクリアした場合に限ります。

また、公的融資では、追加の融資などはそれほど柔軟に対応してくれないので、資金計画が変更になった場合などの急な対応には限界があります。

そのため、自営業者の場合、大きな事業計画で使途の明確であるものは利率の有利な公的融資などで借入、急な出費や柔軟な資金運用にはその他の金融機関をいつでも借りられるように手当をしておくとことで、柔軟な経営が可能になります。

そのような柔軟な借入を行える金融機関とはどのようなものでしょうか?現在自営業者に最も柔軟に融資をしてくれる金融機関というと、民間のビジネスローンになります。民間のビジネスローンは審査に要する書類比較的少なくてすみ、審査から融資までの期間もそれほどかからないのがポイントです。

このように自営業者の資金繰りのポイントは、長期資金は公的融資・銀行融資を活用した上で、突然の出費や計画変更などに対応できるように、ビジネスローンをいつでも融資しておくと、資金計画が非常に立てやすくなるでしょう。

参考:信金さんが明かす事業資金の話→自営業の融資借入と資金繰り

自営業者の資金繰りのポイント

民間のビジネスローンのメリットとは?
民間のビジネスローンを利用することのメリットとは?
なぜ自営業者がこぞって利用している?
民間のビジネスローンを
利用することのメリットとは?
自営業の借入は
自営業の借入は確定申告書のここを見られる! イメージ
自営業が借入の時
審査ではどこを見られる?
確定申告書のチェックポイントについて

税金の支払い分を
税金の支払い分を借入で賄うのも一つの考え
借入の活用法はこんな場面でも!
税金の支払い分を借入で賄うのも
一つの考えであるということ
どれくらいの時間が掛かる?
事業者ローンの審査にはどれくらいの時間が掛かる?
審査に時間がかかるのは嫌だ!
事業者ローンの審査には
どれくらいの時間が掛かるのか

明確な資金繰りのポイント!

資金繰りを明確にするにはどうする?
まずは事業資金と
個人のお金を峻別しよう。

こんな自営業者には事業資金を貸したくない

こんな自営業者には事業資金を貸したくない
スムーズに資金調達するために知っておきたいことは?
こんな自営業には事業資金を貸したくない!

自営業 カードローン TOP

職業にはいろいろなものがあります。大きく分けると、公務員等も含めて会社に勤めて、会社から給料を頂いているケースと、自分で収入を得ている自営業があります。

自営業のメリットとしては、仕事が多くあり、働けば働くほど多くの収入を得られるということがあります。そして自分の思い通りに仕事を進めることができるので、やりがいもあります。会社員なら、会社によっては昇給、ボーナス、歩合制で給料が高くなる場合もありますが、働いた分すべてが自分の利益になるわけではありません。ただ、自営業のデメリットとして、逆に仕事がうまくいかなくなれば収入を得ることができず、極端な話、先月が100万円の収入があっても、次の月がゼロというケースもあり得るのです。

不景気の昨今、自営業のかたはなかなか思うように収入が増えないというケースが多くなってきているようです。それでも光熱費などの必要経費、生活費、借入金があれば返済していかなければいけませんし、場合によっては資金繰りが苦しくなる時もあります。そんな時は銀行に融資を申し出て、当面の費用をまかなうという方法も必要になってきます。ただ、ここで問題なのが、公務員や会社員などに比べて自営業の場合は、より審査が厳しいということです。その理由としては、やはり安定した収入があるわけではない、ということのためです。バブルが崩壊してからというもの、自営業の方への銀行からの貸し渋りはかなり酷いものとなっているようです。たとえ、公務員の年収よりも自営業の方の年収の方が高かったとしても、公務員の方は借り入れできても、自営業の方は不可となるケースもあるのです。

数十万円あればいいのに、それすら借り入れができないと、借入金の返済もできず生活も出来ず路頭に迷ってしまうことにもなりかねません。そんな時に便利なのがカードローンです。カードローンは担保もいらす保証人なしで、借り入れすることができますし、審査が通れば借り入れしたい時に必要な分だけのお金を借りることもできます。また、返済もいつでも簡単にできるのでムダな利息を支払うこともなくなります。しかも個人向けカードローンよりも自営業者向けのカードローンは比較的金利も低く設定されているのです。

ただ、カードローンにもメリット、デメリットもあり、闇金もありますので、よく内容を確認してから申し込みをしましょう。

 

自営業 カードローン 30項目

自営業のカードローンについて
  • 01-01 金利はどれくらい
  • 01-02 返済期間は
  • 01-03 申し込みには何が必要?
  • 01-04 自営業の審査は厳しい?
  • 01-05 闇金に注意!
自営業のカードローンの使い道
  • 02-01 毎月の返済
  • 02-02 運転資金
  • 02-03 業者への支払い
  • 02-04 設備費用
  • 02-05 生活費
  • 02-06 おまとめローン
自営業でカードローンを利用するメリット
  • 03-01 すぐに借りられる
  • 03-02 金利が比較的低い
  • 03-03 繰り上げ返済が容易
  • 03-04 総量規制対象外も
  • 03-05 無金利のカードローンも
03-06 無担保・無保証 自営業のカードローン選びのポイント
  • 04-01 金利が低い
  • 04-02 知名度
  • 04-03 融資限度額
  • 04-04 総量規制
自営業のカードローンに関するQ&A
  • 05-01 収入をごまかしてもOK?
  • 05-02 限度額を上げるには?
  • 05-03 個人向けカードローンと違うの?
  • 05-04 仕事以外に利用しても構わない?
オススメの自営業カードローン
  • 06-01 ビジネクスト
  • 06-02 シンキ・オーナーズセレクトカード
  • 06-03 クレストフォービズ
  • 06-04 プロミス
  • 06-05 SMBCモビット
事業資金の調達
自営業者の資金繰り
ビジネスローン
資金繰りを明確にするにはどうする?事業資金と個人のお金を峻別しよう
New!
資金繰りを明確にするには
どうする?事業資金と
個人のお金を峻別しよう

事業資金の借入金利はどのように決まる?
PicKup
金利の決定のプロセスは?
事業資金の借入金利が
どのように決まるのかについて

自営業者の事業資金の借入先にはどのようなところがある?
Point
自営業者の資金調達はどこから?
自営業者の事業資金の
借入先とその特徴